データ保護の新しい形|パソコンが起動しないなら専門家に即刻依頼しよう

パソコンが起動しないなら専門家に即刻依頼しよう

男の人

データ保護の新しい形

ファイル

ファイル保存の新たな方法

あなたの会社では、社内で利用するファイルの保存にはどのような方法を使っているでしょうか。PCの中やUSBなどの外付けの保存媒体、社内のファイルサーバーに保存している会社も多いと思います。ところが、PCやUSBなどは突然壊れてしまう可能性もありますし、万が一重要な書類データの入ったUSBを紛失・盗難などしてしまった場合、甚大な被害が発生してしまう可能性もあります。そこで、ファイル保存の新たな方法としてクラウドを利用したファイルサーバーが注目されています。クラウドを利用したファイルサーバは、基本的に複数のサーバによってバックアップが取られており、会社の貴重なデータを安心して保存することが出来ます。

サーバ選定のコツ

会社の中でクラウドを利用したファイルサーバを利用する場合、気をつけなければならない点があります。それは「セキュリティ面に気をつける」ということです。クラウドのデータ保存サービスは基本的にIDとパスワードを利用してログインをしますが、この際、悪意のあるクラッカーなどの犯罪者によってデータが盗み見られる可能性があります。よって、クラウドサーバを選択する際はデータ通信を暗号化しているサーバにすると、セキュリティ面で安全なファイルサーバーを構築できます。また、万が一不正なログインをされてしまった場合に、外部に漏らしてはいけない重要なデータにはパスワードを設定するなど、外部に保存するというクラウドの特性に適応したファイル設定をしていくとよいでしょう。